MBAの最初の試練?! オープニングタームの紹介

こんにちは。MBA1年生Iです。今年の夏からGeorgetownMBAにて学んでいます。今日は、MBAの最初の試練と言われるオープニングタームについてご紹介します。



アメリカの大学といえば9月から授業開始というイメージがありますが、MSBの授業は8月頭から3週間、オープニングターム(Opening term)という集中講義で幕を開けます。アカウンティング(Accounting Fundamentals)1コマ、SGI(Structure of Global Industry)を2コマ、計3コマを月曜日から金曜日まで毎日受講します。加えて、いずれの科目でも5~6名のスタディーチーム(study team)での グループ課題が課されています。



オリエンテーションの段階から、学校スタッフ・先輩の皆さんから「まずはオープニングタームをsurviveしよう!」と発破をかけられますが、実際に予習復習、グループ課題の打ち合わせや個人作業を合わせると相当なワーク量になりました。加えて、授業での発言やグループ課題への貢献の仕方など「初めてぶつかる壁」も多く、MBA生活にマインドセットを切り替えてくれる濃密な3週間となりました。



授業の内容を簡単にご紹介します。

・アカウンティング (Accounting Fundamentals)
会計学の基本的な概念から始まり、仕訳、財務諸表(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書、株主資本等変動計算書)の読み方と作り方をレクチャーで学びます。私のクラスを担当したFairfield教授は、スピード感のある授業でコールドコール(先生が学生を指名して質問に答えさせること)も多く、気が抜けない授業した。加えて、定期的にグループ課題やQuiz(小テスト)があり、「積み残したまま次に進んでしまう」ことを許してくれず、着実に内容を理解できます。また、グループ課題も課されます。


SGI (Structure of Global Industry)
グローバル企業がとるべき戦略を、経済学の理論に基づいて議論する授業です。Jensen教授のレクチャーが中心となって展開していき、マクロ経済学の教科書と、ケースや論文が教材として用いられます。例えば、「ある国の経済が労働集約型から資本集約型に変わったとき、企業はバリューチェーンをどう変更すべきか?」という問いに対し、マクロ経済学の比較優位や輸出入の理論、Strategyvalue propositionvalue chainの関係性の理論、そして実際の企業のケース、といった様々な角度から分析し、議論します。「トヨタ自動車が円高にどのように対応したか」といった日本のケースも登場しました。Jensen教授は学生の理解度・知的好奇心に合わせて的確に授業を進行し、学生たちの頷きを伴った「ウーン」という納得の声(?)が沸き起こる上がることもしばしばでした。

レクチャーと同時並行でグループ課題のプロジェクトも進行します。プロジェクトは、「架空のグローバル企業の経営戦略を考える」というもので、私たちのチームは、インドの食料品を北米で販売する小売業を提案しました。教授への2回の中間報告を経て最終日にプレゼンを行います。

加えて、企業倫理やプレゼンテーション・チームビルディングなど、関連するトピックもそれぞれ担当の教授が講義します。

非常によく練られたカリキュラム構成で、「ビジネスを通じて社会に変革をもたらすグローバルリーダーを育成する」というMSBの教育方針をひしひしと感じる授業です。




(写真)最終プレゼンを終えた直後、スタディーチームのメンバーと



このように、MSBのオープニングタームの3週間には、理論からケースまで、レクチャーからグループワークまで、チームビルディングからプレゼンまで、MBAでの学習全般の土台となる体験が全て詰め込まれています。終了後には、自分なりに授業やチームワークへの参加の仕方が身につきますし、MSBのマインドに触れ、MSBの一員に溶け込むような感覚になります。そしてなにより、苦しい3週間を文字通り共に戦ったスタディーチームのメンバーとの絆は、一生モノです。



このように、通常の学期が始まる前にオープニングタームの充実した3週間を過ごすことができるのも、MSBならではの魅力ではないでしょうか

サマーインターンシップ体験談

こんにちは、M18のNです。
すでに秋学期が始まってから2か月になろうとしていますが、
すこしさかのぼって夏休み中のインターンシップについて、書きたいと思います。

私は社費留学なのでアプローチが異なりましたが、
学生の大半である私費留学生は、他のビジネススクール同様、
キャリアセンターという多様な業界・職種のバックグランドを持つ
コーチからカウンセリングを受けながら自分にフィットする会社を見つけていきます。

ジョージタウンは、立地やノンプロフィットでの強みを活かして、
DCでインターンをしたり、ノンプロフィットで活動する学生も多いです。
(学生のインターンシップの収入の数%を寄付して、ノンプロフィットセクター
で活動する学生へ資金を補助するプログラムもあり私も参加しました)

さて、私は日本を拠点に活動するクロスフィールズというNPOでインターンしました。
日本の企業から新興国のNGOやSocial Enterpriseと呼ばれる
社会的意義を実現するために活動する企業などに人材を派遣する
いわば「民間版の青年海外協力隊」を派遣する団体です。
(クロスフィールズHP:http://crossfields.jp)


インターンシップを通じて学んだことは、多くありますが、個人的には、
社会においてどういった役割を果たしていくのか?をその道のプロである、
NPOの創業者の方や、志ある職員の方と考えぬくことができたことでした。

学生のころに戻ったようで青臭い話ですが、強いエネルギーを持って前に進む
一方で、泥臭かったり、空回りする時間もある。
机の上やオフィスで与えられた役割を果たす側面もある自分の今までのキャリア
を振り返り、自分が会社に返ったら「こういうモチベーションで仕事をしよう」
と心あらたに、情熱がさらに強まった経験でした。

ジョージタウンに帰ってきて、リーダーシップの倫理観について、
ディスカッションをするクラスが始まっています。
この授業で学ぶことと、インターンでの経験が重なる部分もあり、
自らが社会と仕事とうまくつながって日々を過ごしていくか、
模索しながらキャリアを歩んでいきます。

私は酒類メーカーで働いています。私たちの会社の意義の一つに、
人と人をつなぐような役割を果たせることにあると思います。

お互いのことを「理解できない相手」だと思うから距離が生まれる。
ただお酒は気持ちをやわらげ、人との距離を近づける効果があります。
これからは多様性を許容していかなければいけない時代。
日本の中でも対立することが多くなってきましたが、
そんな対立構造の中でもお互いに理解しあい、距離を近づけていく
そんな役割を果たす一員になれればいいなと思っています。

やっぱり多様性が好きなんだと思います。
この文章を書きながら改めてジョージタウンの多様性も感じました

在校生・卒業生による学校説明会開催のお知らせ(11/8@東京)

こんにちは、MBA'18のHです。

今回は、来月に東京で開催されます、当校MBAプログラム学校説明会のお知らせ投稿です。

----
開催日時:11/8(水)19:00~21:00
開催場所:アゴス・ジャパン(東京・渋谷)
住所:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町18-4 二宮ビル
予約方法等詳細:https://www.agos.co.jp/onlineservices/modules/eventreservation/index.php?op=view&eid=5699
----

詳細は上記URLをご覧頂ければと思いますが、在京の卒業生のみならず、我々在校生もワシントンD.C.からオンラインで参加させて頂く予定です。

BusinessとPublic Policyが交錯する街ワシントンD.C.に所在する当校でMBAを取得することの意味等については、今までもこのBlogで投稿してきましたが、改めて説明会の場で、ざっくばらんに色々とお話できればと思っています。

皆様のご来場をお待ちしております!





Fall Semester開始ーーJapan Society Welcome Partyなど

こんにちは、MBA2年生のHです。

前回の投稿から間が経ってしまいましたが、ここMSBでは、8月末から新学期(Fall Semester)が始まっています。

Fall Semesterは2つのModule(Module 1: 8月末~10月中旬、Module 2: 10月下旬~12月上旬)に分割されており、「始まった」と言いながら、既に激動のModule 1の授業期間が完了し、現在は試験準備期間に突入したところです。

とはいえ、2年目ともなると受講科目はElectives(選択科目)が殆どとなり、いわゆる「筆記試験」ではなく、チーム・プレゼンテーションや小論文が筆記試験の代わりに課されることが多く、1年目とはまた異なった「試験対応」が求められます。この辺も、MBAの特徴と言えるのかも知れませんね。

Module 1に受講したElectivesの感想は、また成績が出揃ったところで投稿するとしまして、今回は、我々Japan Societyの活動について報告いたします。

●Japan Societyとその活動について
Japan Societyは、MSBのMBA課程に設置されたClubの一つで、日本文化への理解促進等をその主な目的としています。Clubと言っても、我々のような文化系Clubから、Finance、Consultingといった職種ごとに分かれたCareer Clubまで、幅広く設置されています。

現在、MSBのMBA課程に在籍している日本人学生は両学年合わせて3名と、決して多いわけではありません。それでも、日本に関心を持ってくれているクラスメイトの協力もあり、Japan Societyとして活発に活動することができています。日本で働いていた人、日本で今後キャリアを築きたい人、アニメ・マンガが好きな人…日本に関心を持ったきっかけは人それぞれですが、「日本が大好き」という思いは一緒です。

今学期もNew Memberを多く迎え、より強力な布陣となったJapan Societyの団結を深めるべく、先月下旬に、近くの日本式"Izakaya"でWelcome Partyを開催しました。写真からも、盛り上がった様子が伝わるかと思いますが、一部メンバーは一次会では飽き足らず、そのまま二次会へ流れ込んだ者もいたようで…笑。

(写真) Welcome Partyの様子

実は、全てのMBAに、このような日系Clubが設置されているわけではありません。Japan Societyのメンバーとして、日本を代表する機会を得られるということも、MSBの強みの一つと言えるかも知れませんね。

受験体験記(Class of 2019 / J.I.さん)

 今夏より、MSBのフルタイムMBAプログラムへ入学された日本人学生の受験体験記を、掲載致します。

 Class of 2020を目指しMBA受験対策を進められている皆さんにとって、参考になる情報も多いかと思いますので、是非ご一読下さい!

 ご質問等はこちらまで:js.gumba@gmail.com

★Class of 2019 / J.I.さんの受験体験記

1.   経歴・バックグラウンド等
社費・私費: 社費
職歴: 鉄道会社5年
学歴: 東京大学大学院農学生命科学研究科卒(学部は、東京大学農学部卒)
海外経験: 旅行程度
TOEFL: 103R28, L26, S22, W27
GMAT: 680V35, Q48
GPA: 4.0(大学学部のGPA3.15

2.   Why MSB?
   ロケーション
地方よりは都市部で生活したいと感じ、かつ、歴史文化を感じられる街が良い、ということで、米国東海岸または英国の都市部に限定しました。
ワシントンDCはリベラルで多様性ある魅力的な都市だと認識していましたが、キャンパスビジットした際にその魅力を改めて確認しました。また、学外で日本人と知り合う機会に恵まれていそうな点も、地方の会社に勤務している私には魅力的でした。

   基本カリキュラム
理系のバックグラウンドであり、経営学の全体像が見えていないため、バランスのよいカリキュラムで体系的に学びたいと感じました。その中でも個人的に興味があり、派遣元会社にとっても重要そうな科目(ストラテジー、マーケティング、ファイナンス)を重点的に学びたいと希望していました。
Japan Societyのブログや日本人在校生へのメールでのヒアリングにて、MSBでは、癖のないオーソドックスな科目をバランスよく学べる・ディスカッションとレクチャーの両方がある・教授陣が充実しておりdemandingだが知的刺激あふれる授業を受けられる、という情報をいただき、魅力を感じました。

   MSBならではのカリキュラム(プロジェクト・公共政策)
日本以外の国の実際のビジネスに触れ、授業で学んだことを実践する場として、コンサルティングプロジェクトがある学校を希望していました。MSBGlobal Business Experienceというプログラムがあり、条件を満たしていました。
 鉄道という、公共政策に密接に結びついた業界におり、また、個人的な興味からも、公共政策に関心がありました。そのため、「ビジネスを専攻することを大前提としつつ、公共政策にも触れたい」という観点で学校探しをしていました。MSBは、その土地柄のためか、公共政策に関心のある学生が多く、またNonmarket Strategyというcertificate* が設置されています。「政策立案側の基本的な考え方を理解し、ビジネスの立場からどのように公共政策を分析して対応すべきか」という観点で学ぶことができそうだと感じ、MSBならではの魅力を強く感じました。
*Nonmarket Strategyについての過去ブログ投稿 - http://georgetownmbajapansocietytest.blogspot.com/2015/11/2015certificate-in-nonmarket-strategy.html

3.   MSBを知ったきっかけ、MSBへのコンタクト経験・手段
東京にて開催されたThe MBA TOURにて、アドミッションのセッションを聞き、卒業生にお話を伺ったのがMSBを知ったきっかけです。
その後、Online Webinarや在校生とのskypeセッション(どちらも学校公式)に参加しました。
在校生とのskypeチャットにて紹介いただいた日本人在校生に、メールにて質問しました。
授業、課外活動、生活環境について、教えていただきました。
インタビューのため渡航した際に、公式のInfo sessionclass visitに参加しました。また、インタビューの前日に、日本人在校生に対面で話を伺い、学内や街を案内してもらいました。

4.   ビジット日程、内容、及び印象
   ビジット日程
20172月上旬、他5校含め計10日間

   MSBビジット内容
インタビュー
オフィシャルイベント(インフォセッション、クラスビジット)への参加
日本人在校生との面会、キャンパスとその周辺の散策

   MSBビジットの印象
Healy Hall**が街の景色に自然に溶け込んでおり、遠くから眺めた際に美しいのが印象的でした。
また、MBAの学生が主に利用するHariri Building***も美しくて、かつ落ち着いており集中して勉強できそうだと感じました。
クラスビジットの際に垣間見えた学生同士の程よい距離感が、自分に合いそうだと感じました。
一方、学校の近くに地下鉄の駅がないため、大学が運行するシャトルバスが利用できれば便利ですが、バスがない日(日曜や学校がない期間の土曜など)は不便そうだと感じました。
**Healy Hall画像 - https://guevents.georgetown.edu/healy_hall#.WXYlgYg1_IU
***Hariri Building画像 - https://guevents.georgetown.edu/rafik_b_hariri_building#.WXYl34g1_IU


5.   勉強方法等
   TOEFL103点)
純ドメで、仕事でも英語を使う機会はなかったため、苦労しました。アゴスにお世話になりました。単語の暗記と音読・シャドウイング・暗唱によるリスニング力強化がキーだったと思います。1年3か月ほどを要しました。

   GMAT680点)
 TOEFLの勉強を始めて9か月目くらいに、アゴスの授業を受け始めました。Sentence correctionは同じ問題集を繰り返したこと、Reading comprehensiveは単語を覚えたことが効いたと思います。6か月ほどを要し、MSBの出願締め切りの前日に受けたテストの結果を提出するほどギリギリでした。

③ その他(インタビュー後のwritingテスト)
インタビューの際に、writingのテストがありました。通常の質疑の後に突然、架空の求人票を見せられ、パソコンを手渡され、「この仕事に応募すると想定して、20分でカバーレターを書いてください」と言われました。意図やどのように使われるかは説明されなかったので不明ですが、私の英語力に不安があったため、確認の意味があったのかもしれません。

6.   受験生へのアドバイス
   可能であれば、キャンパスビジットをお勧めします
キャンパスに行って人に会うと学校の特色が理解できるというのは、本当だと思います。教室のスタイル、学生の雰囲気、学生同士・学校スタッフと学生の距離感、キャンパス周辺の環境など、現地に行かなければ分からないが学生生活に影響しそうな要素が多くあります。
なにより、キャンパスビジットは楽しいです。私の場合、「苦しかった受験生活はこのビジットのためにあったのか!」と(、まだ受験が終わったわけでもないのに)思えるほど貴重な時間を過ごすことができました。

   出願先を選ぶ際は、直感を大切にすることをお勧めします
 「この学校は面白そうだ」「こういう人と同級生になったら楽しそうだ」というような直感は、案外当たっているのではないかと思います。
事業内容だけで就職先を選ばないのと同様に、組織の雰囲気は快適な学校生活を送るうえで重要だと思います。そして、そのような雰囲気は、直感的に感じるものではないでしょうか。

③ 自分に自信をもって受験準備を進めることをお勧めします
受験準備をしている際は、スコアが伸び悩んだり、エッセイ執筆が進まなかったり、周囲の理解を得られなかったり等、心配事が絶えないと思います。だからこそ、留学を志した自分に自信をもって進められることをお勧めします。
そのために、自分自身のことをよく理解することをお勧めします。自分の長所・短所を理解することで、受験準備のマネジメントが効率的になりますし、自分に自信を持つことにもつながります。


GU ☆Farmers’ Market☆

今回はキャンパスでのちょっとした日常をご紹介したいと思います。


Georgetown Universityでは、春(3~4月)と秋(9~10月)の毎週水曜日に、キャンパス内でファーマーズマーケットが開催されます。ランチにぴったりのホットドッグやピザ、インド料理、点心、クレープ、ワッフル、そしてリンゴなどのフルーツも並びます。

所狭しと並ぶ屋台から好きなものを選んで、天気の良い日には外の芝生で座って食べるのもとても気持ちが良いです!

屋台は15店舗くらい。ランチタイムは大混雑なので時間をずらして行きました。


フレッシュなアップル

インド料理屋台のチキン


この日は窯焼きピザを注文しました。その場で生地を延ばして焼いてくれるので、とてもフレッシュでもちもちの美味しいピザが味わえます。


生地をのばし、トッピング。後ろの窯で焼きます

”Today's Special”を注文しました☆美味


毎週こんな賑やかな楽しみがあるのも当校の魅力かもしれませんね。
今回は以上です!

(参考)公式ホームページはこちら:Georgetown University Farmers' Market

春の夜のDC

3月下旬、Washington DCは桜が満開の季節になります。
日中は全米・全世界から100万人を集めると言われるほど賑わいますが、夜は静かでひっそりとした世界になります。

皆さんにも少しだけ春のDCの夜を味わっていただきたいと思います。

Tidal basinの夜桜

ホワイトハウス

ワシントン記念塔