受験体験記(Class of 2019 / J.I.さん)

 今夏より、MSBのフルタイムMBAプログラムへ入学された日本人学生の受験体験記を、掲載致します。

 Class of 2020を目指しMBA受験対策を進められている皆さんにとって、参考になる情報も多いかと思いますので、是非ご一読下さい!

 ご質問等はこちらまで:js.gumba@gmail.com

★Class of 2019 / J.I.さんの受験体験記

1.   経歴・バックグラウンド等
社費・私費: 社費
職歴: 鉄道会社5年
学歴: 東京大学大学院農学生命科学研究科卒(学部は、東京大学農学部卒)
海外経験: 旅行程度
TOEFL: 103R28, L26, S22, W27
GMAT: 680V35, Q48
GPA: 4.0(大学学部のGPA3.15

2.   Why MSB?
   ロケーション
地方よりは都市部で生活したいと感じ、かつ、歴史文化を感じられる街が良い、ということで、米国東海岸または英国の都市部に限定しました。
ワシントンDCはリベラルで多様性ある魅力的な都市だと認識していましたが、キャンパスビジットした際にその魅力を改めて確認しました。また、学外で日本人と知り合う機会に恵まれていそうな点も、地方の会社に勤務している私には魅力的でした。

   基本カリキュラム
理系のバックグラウンドであり、経営学の全体像が見えていないため、バランスのよいカリキュラムで体系的に学びたいと感じました。その中でも個人的に興味があり、派遣元会社にとっても重要そうな科目(ストラテジー、マーケティング、ファイナンス)を重点的に学びたいと希望していました。
Japan Societyのブログや日本人在校生へのメールでのヒアリングにて、MSBでは、癖のないオーソドックスな科目をバランスよく学べる・ディスカッションとレクチャーの両方がある・教授陣が充実しておりdemandingだが知的刺激あふれる授業を受けられる、という情報をいただき、魅力を感じました。

   MSBならではのカリキュラム(プロジェクト・公共政策)
日本以外の国の実際のビジネスに触れ、授業で学んだことを実践する場として、コンサルティングプロジェクトがある学校を希望していました。MSBGlobal Business Experienceというプログラムがあり、条件を満たしていました。
 鉄道という、公共政策に密接に結びついた業界におり、また、個人的な興味からも、公共政策に関心がありました。そのため、「ビジネスを専攻することを大前提としつつ、公共政策にも触れたい」という観点で学校探しをしていました。MSBは、その土地柄のためか、公共政策に関心のある学生が多く、またNonmarket Strategyというcertificate* が設置されています。「政策立案側の基本的な考え方を理解し、ビジネスの立場からどのように公共政策を分析して対応すべきか」という観点で学ぶことができそうだと感じ、MSBならではの魅力を強く感じました。
*Nonmarket Strategyについての過去ブログ投稿 - http://georgetownmbajapansocietytest.blogspot.com/2015/11/2015certificate-in-nonmarket-strategy.html

3.   MSBを知ったきっかけ、MSBへのコンタクト経験・手段
東京にて開催されたThe MBA TOURにて、アドミッションのセッションを聞き、卒業生にお話を伺ったのがMSBを知ったきっかけです。
その後、Online Webinarや在校生とのskypeセッション(どちらも学校公式)に参加しました。
在校生とのskypeチャットにて紹介いただいた日本人在校生に、メールにて質問しました。
授業、課外活動、生活環境について、教えていただきました。
インタビューのため渡航した際に、公式のInfo sessionclass visitに参加しました。また、インタビューの前日に、日本人在校生に対面で話を伺い、学内や街を案内してもらいました。

4.   ビジット日程、内容、及び印象
   ビジット日程
20172月上旬、他5校含め計10日間

   MSBビジット内容
インタビュー
オフィシャルイベント(インフォセッション、クラスビジット)への参加
日本人在校生との面会、キャンパスとその周辺の散策

   MSBビジットの印象
Healy Hall**が街の景色に自然に溶け込んでおり、遠くから眺めた際に美しいのが印象的でした。
また、MBAの学生が主に利用するHariri Building***も美しくて、かつ落ち着いており集中して勉強できそうだと感じました。
クラスビジットの際に垣間見えた学生同士の程よい距離感が、自分に合いそうだと感じました。
一方、学校の近くに地下鉄の駅がないため、大学が運行するシャトルバスが利用できれば便利ですが、バスがない日(日曜や学校がない期間の土曜など)は不便そうだと感じました。
**Healy Hall画像 - https://guevents.georgetown.edu/healy_hall#.WXYlgYg1_IU
***Hariri Building画像 - https://guevents.georgetown.edu/rafik_b_hariri_building#.WXYl34g1_IU


5.   勉強方法等
   TOEFL103点)
純ドメで、仕事でも英語を使う機会はなかったため、苦労しました。アゴスにお世話になりました。単語の暗記と音読・シャドウイング・暗唱によるリスニング力強化がキーだったと思います。1年3か月ほどを要しました。

   GMAT680点)
 TOEFLの勉強を始めて9か月目くらいに、アゴスの授業を受け始めました。Sentence correctionは同じ問題集を繰り返したこと、Reading comprehensiveは単語を覚えたことが効いたと思います。6か月ほどを要し、MSBの出願締め切りの前日に受けたテストの結果を提出するほどギリギリでした。

③ その他(インタビュー後のwritingテスト)
インタビューの際に、writingのテストがありました。通常の質疑の後に突然、架空の求人票を見せられ、パソコンを手渡され、「この仕事に応募すると想定して、20分でカバーレターを書いてください」と言われました。意図やどのように使われるかは説明されなかったので不明ですが、私の英語力に不安があったため、確認の意味があったのかもしれません。

6.   受験生へのアドバイス
   可能であれば、キャンパスビジットをお勧めします
キャンパスに行って人に会うと学校の特色が理解できるというのは、本当だと思います。教室のスタイル、学生の雰囲気、学生同士・学校スタッフと学生の距離感、キャンパス周辺の環境など、現地に行かなければ分からないが学生生活に影響しそうな要素が多くあります。
なにより、キャンパスビジットは楽しいです。私の場合、「苦しかった受験生活はこのビジットのためにあったのか!」と(、まだ受験が終わったわけでもないのに)思えるほど貴重な時間を過ごすことができました。

   出願先を選ぶ際は、直感を大切にすることをお勧めします
 「この学校は面白そうだ」「こういう人と同級生になったら楽しそうだ」というような直感は、案外当たっているのではないかと思います。
事業内容だけで就職先を選ばないのと同様に、組織の雰囲気は快適な学校生活を送るうえで重要だと思います。そして、そのような雰囲気は、直感的に感じるものではないでしょうか。

③ 自分に自信をもって受験準備を進めることをお勧めします
受験準備をしている際は、スコアが伸び悩んだり、エッセイ執筆が進まなかったり、周囲の理解を得られなかったり等、心配事が絶えないと思います。だからこそ、留学を志した自分に自信をもって進められることをお勧めします。
そのために、自分自身のことをよく理解することをお勧めします。自分の長所・短所を理解することで、受験準備のマネジメントが効率的になりますし、自分に自信を持つことにもつながります。


GU ☆Farmers’ Market☆

今回はキャンパスでのちょっとした日常をご紹介したいと思います。


Georgetown Universityでは、春(3~4月)と秋(9~10月)の毎週水曜日に、キャンパス内でファーマーズマーケットが開催されます。ランチにぴったりのホットドッグやピザ、インド料理、点心、クレープ、ワッフル、そしてリンゴなどのフルーツも並びます。

所狭しと並ぶ屋台から好きなものを選んで、天気の良い日には外の芝生で座って食べるのもとても気持ちが良いです!

屋台は15店舗くらい。ランチタイムは大混雑なので時間をずらして行きました。


フレッシュなアップル

インド料理屋台のチキン


この日は窯焼きピザを注文しました。その場で生地を延ばして焼いてくれるので、とてもフレッシュでもちもちの美味しいピザが味わえます。


生地をのばし、トッピング。後ろの窯で焼きます

”Today's Special”を注文しました☆美味


毎週こんな賑やかな楽しみがあるのも当校の魅力かもしれませんね。
今回は以上です!

(参考)公式ホームページはこちら:Georgetown University Farmers' Market

春の夜のDC

3月下旬、Washington DCは桜が満開の季節になります。
日中は全米・全世界から100万人を集めると言われるほど賑わいますが、夜は静かでひっそりとした世界になります。

皆さんにも少しだけ春のDCの夜を味わっていただきたいと思います。

Tidal basinの夜桜

ホワイトハウス

ワシントン記念塔

Global Business Experience 2017【概要編】

MSBのクライマックスのプログラム(必修科目)のGlobal Business Experience(GBE)について、体験談をベースに具体的にご紹介したいと思います。
 ※概要はインターナショナルプログラム概要でもご紹介しています。


2年次の12月中に、7か国(香港、スペイン、UAE、南アフリカ、ケニア、ブラジル、インド)・56案件のリストから希望するプロジェクトを複数・優先順位をつけて申請します。(国やプロジェクトは毎年入れ替えがあるようです。)


今年の企業をざっとご紹介すると、以下のようなロゴが並びます(クリックすると最大化します)。



プロジェクトのテーマは企業側とMSBが事前に相談をして決めているようですが、新規事業開発、CSR戦略、マーケティング戦略、新規市場開拓、グローバル製造拠点の立地選定、業界動向予測、などなど多岐にわたります。

プロジェクトおよびチームは、プログラムオフィスが学生からの申請をベースに割り当てて発表します。もちろん、必ずしも第一希望のプロジェクトにつくことができない学生もいますが、それでも全部で60件近い案件から優先順位の高い5件を申請しているので、ほぼ確実に自分が興味をもてるプロジェクトにアサインされることができると言えると思います。

【Step 1:Web learning】
1月の春学期から本格的なチームプロジェクトが始まる前に、グローバルビジネスに関するベーシックな知見を身につけるため、各自にe-learningプログラムの履修が課されます。グローバルビジネスを専門とする教授からの講義に加え、グローバル企業のCEOのインタビューなどを聞きながら、クイズを解いていく形式です。
コンテンツはかなり凝ったもので、合計30時間ほど費やして、GBEプロジェクトの遂行に必要なグローバルビジネスの考え方をしっかりと整理することができました。



Audi U.S.A 代表のインタビュー


教授によるグローバルビジネスの講義


【Step 2:プロジェクトスタート!】
本格的なプロジェクト期間は1月初旬からの約2か月半です。
チームのメンバー達と議論を重ねながら、ロジック・仮説を構築し、リサーチを進め、毎週の担当教授との定期ミーティングでフィードバックを受けながら進んでいきます。
またこれらの合間に現地クライアントとの電話会議も行い、クライアントの問題意識、関心の高いポイント、課題の優先順位等の確認をします。チームメンバーと毎日のように議論や情報共有をしますので、緊密なチームワークを体験することができます。


【Step 3:現地渡航】
3月に現地に1週間滞在し、クライアントのオフィスで最終プレゼンを行います。長い間チームで積み上げてきた提案を他国でクライアントにプレゼンする瞬間は、本当のクライマックスといった感じです。ちなみにこの現地渡航の1週間の間には他のフィールドワークも組まれ、工場視察や現地マーケット調査などをします(+観光もできます)。


このGBEが凄いのは、やはり必修科目として現地渡航を含むプログラムを課してしまう点でしょう。MSBが本気でグローバルリーダーの育成に力を入れていることを示しているといえます。

具体的な内容はまた次回以降にお伝えしたいと思います。

ご質問あればお気軽にご連絡ください。


Certificate in Nonmarket Strategy 続編 ~Strategy Beyond the Market~

こんにちは、Class of 2017のKです。

今回は、2015年に設置されたばかりながらMSBの看板プログラムになりつつある、Nonmarket Certificateの具体的な講義の内容についてご紹介したいと思います。
(Nonmarket Certificateの概要についてはこちらをご参考にしてください)


Certificateの指定科目の一つに、「Strategy Beyond the Market」というクラスがあります。1年目の後期、または2年目の前・後期のいずれかで履修することができます。

担当するProf. Andrea Hugillは、Georgetown Universityと並び米国トップの外交関係のスクールであるJohns Hopkinsで外交関係&エコノミクスの修士号を取得したのち、Harvard Business SchoolでInternational Business and Strategyの博士号を取得した、まさにこの道のプロ中のプロ。また、GEやWorld Bank でのコンサルタント経験もあるため、実務を踏まえた実践的なレクチャーを提供してくれました。

本科目は他学部の学生も参加する人気授業で、自分が参加した回のクラスは定員いっぱいの50人。それもそのはずで、米国では、Nonmarketの分野に対する民間企業の力の入れようが半端ではないので、学生の関心も自然と高まるのは頷けます。
あくまで一例ですが、企業の代表的なNonmarket戦略のアクションの一つのロビーイングに注目してみると、以下のように産業によっては年間で500億円以上の支出をしています。

Misc businessMiscellaneous businessの略。ここではmanufacturing, textiles, steel, chemicals, consumer retail goods, restaurants, beer wholesalers and funeral services


授業の中では、マーケットに影響を与える外部環境(公共政策、NOG/NPO等)をいかに分析し、どのように経営戦略を立案し実行するかを、レクチャーとケースディスカッションによって徹底的に学びます。
具体的には、政府・政治向けの戦略であるPublic Politics Strategyと、NGO/NPO等のActivist向けの戦略であるPrivate Politics Strategyがあり、企業が置かれたシチュエーションに応じてどのような戦略をとるべきかを議論します。

基本的なフローとしては、
 1.自社のビジネスに対し、どのような要素がマーケット外から影響を与えているか(または将来的に与えるか)を分析
 2.優先順位をつけ、ターゲット(政治家、政府機関、NGOなど)を設定
 3.想定される戦略オプションから適切なアプローチを選択
という流れです。

それぞれのステップにおいて、様々な分析フレームワークやケース事例が取り上げられます。日本企業の事例としては、TOYOTAの米国におけるリコール問題に関連した戦略、東芝子会社における米国規制違反に対応した際の戦略などが取り上げられました。

Nonmarket戦略を立案をする上で忘れてはいけないのは、全ての判断は企業のビジネス上の目標を中長期で最大化することを目的に下されるという点です。あくまで企業の経営戦略として、どのようなNonmarket戦略を実践すべきかを学びます。講義を通じて、企業のSustainableな成長のためには、ビジネス上の戦略だけでは不十分であり、適切なNonmarket戦略を描くことの重要性を痛感しました。


そんな充実した(激動の?)クラスを経験し、今月やっとFinal Report(3人チームで20ページ。チームで題材を議論し、BHP Billitonという世界トップの資源会社のNonmarket 戦略分析レポートにしました)を提出し、肩の荷を下ろしたところです。

コンサル会社出身の自分としては、日本でもNonmarket戦略を本格的なコンサルサービスとして展開することができるかもしれないと思うに十分のクオリティの講義でした。

1年目Fall Semester終了ー各科目の感想など


こんにちは、Class of 2018のHです。更新が滞ってしまいましたが、こちらMSBでは先日、秋学期(Fall Semester)が終了し、最終試験(Final Exam)が実施されました。

クラスでの発言、Midterm Exam、及び宿題等の結果も成績に反映されるものの、やはり本丸はFinal Examということで、皆いつも以上に真剣に、学業に勤しんでいたように思います。MSBの本拠地Hariri Buildingは、試験対策期間中は文字通り「不夜城」と化していました。もちろん、試験終了後は下記の写真のように、皆喜びを爆発させていましたが笑。




そこで、本日の投稿では、1年目Fall Semesterに我々が履修した科目を簡単にご紹介致します。Fall Semesterは全て必修科目ということもあり、「これぞビジネス・スクール1年目」といった科目が並びます。

---
●   Firm Analysis and Strategy

Opening Termに受講したStructures in Global Industriesを引き継いだ科目です。SGIはマクロ経済学寄りでしたが、本科目ではミクロ経済学の基礎的な理論(価格弾力性、完全競争市場等)を学びつつ、当該理論や経営戦略論(Michael Porter’s Five Forces Modelなど)を用いて、実際のビジネスにおける経営判断(M&Aや価格決定の是非)をディスカッションします。

毎回ではありませんが、HBS等のケースを用いる場合もありますし、ケースを用いなくても、ほぼ毎回、Wall Street Journal等の新聞記事をミニ・ケースとして取り扱います。講義はProf. Jeffrey Macher, Prof. Chris Rider, Prof. Nathan Millerの3教授による交代制ですが、どの教授も毎回相当な準備をしており、その内容は濃く、かつコールド・コールの回数も多いので(当たり前ですが)気の抜けない科目です。

●   Financial Markets and Corporate Decision Making

ファイナンス理論の基礎を学ぶ科目です。割引率の概念から始まり、債券のプライシングCAPM/WACCの計算方法、NPV/IRRを用いたプロジェクト採算の分析方法などを学びます。

これだけですと、いかにも「理論づくし」の一方的な講義を想像してしまいそうですが、HBS等のケースを用いることも多いです。そもそも、担当教授は講義への事前準備として、学生に各回の講義テーマをキッチリと予習することを求めるため(事前学習のためのPrep Sheetが配布されますし、講義によってはビデオ教材も共有されます)、授業ではむしろケース等を用いながら「ファイナンス理論の経営判断への応用」を、事例をもとにディスカッションすることに重きが置かれます。

私のクラスを担当した教授は、インド有力金融機関やマッキンゼーを経て学界に転じたProf. Sandeep Dahiyaです。宿題量、コールド・コールの回数いずれも多く、毎回相当な準備が求められますが、ユーモアを交えたエネルギッシュなファイナンス論には、多くの学生の支持が集まっていたように思います。

また、当ブログでも時おり紹介されているProf. Pinkowitzも、他クラスの担当としてこの必修科目を講義しており、同じく学生からの支持を得ているようです。両教授とも「ファイナンス論をわかりやすく、楽しく教える」ことに情熱を持っておられるようで、その意味では非常に充実したファイナンス教授陣と言えようかと思います。


●   Marketing Analysis and Customer Strategy

マーケティング論の基礎を学ぶ科目です。顧客分析のフレームワーク(例えば、顧客のSegmentation, Targeting, Positioning等)やBrandingといった理論を、一部ケースを用いてディスカッションする形式です。

担当教授(私のクラスはProf. Karthik Easwarが担当でした)のネットワークを用いて、有名企業(Deloitte等)のChief Marketing Officerを招き、講演頂くことも多いです。また、あるケースの執筆者がたまたまMSBのSenior Assistant Dean(Prof. Prashant Malaviya)だったということで、Dean自ら講義を行う機会もありました。

この科目では中間試験がなく、代わりに架空の製薬企業のマーケティング戦略を策定し、パワーポイントの提案資料を作成する、というチーム課題が与えられました。最終試験は、試験時間中(4時間!)にケースを一本読み、同じくマーケティング戦略を策定し答案用紙に書き込む、という独特のものでした。

●   Managerial Statistics

統計学の基礎(確率論、z検定・t検定、回帰分析等)を学ぶ科目です。これこそ一方的な講義に思えるかもしれませんが、意外にもチーム課題(与えられたData Setに様々な統計学的分析を加えるというミニ・プロジェクト)が2回ほど課され、自らの理解度が試されるとともに、それをチームメンバーに説明することが求められる科目でした。

●   Analysis and Reporting of Financial Information

Opening Termに受講したAccounting Fundamentalsを引き継いだ、会計学科目です。基礎的な会計規則の習得に加えて、海外子会社の留保利益に係る仕訳など、一部発展的な内容も取り扱います。もちろん、一方的な講義ではなく、実際のビジネスで起こった会計に係るイシュー(M&Aに伴うのれん償却の方法など)をディスカッションする場合も多く、クラスへの積極的な参加が求められる科目でもありました。

●   その他(Study Team)

以上5科目のうち、会計学を除く4科目では、何らかの形でStudy Teamベースでのチーム課題が与えられます。Study Teamとは、これら課題に取り組むために、MSBのプログラム・オフィスによって編成された5~6人規模のクラス内チームです。

私が所属したチームは、私のほか、アメリカ人4人、インド人1人という、ややアメリカ人の多い構成でしたが、通常はよりDiverseなチームになるようです。

何だかんだで、週に1~2個はチーム課題に取り組むことになるので、自然とStudy Teamで打ち合わせる回数も増えます。一方で、私のような社費派遣生以外は、就職活動が本格化しますので、スケジューリングや課題のプライオリティ付けは、格段に難しくなります。

このため、いかにチームを軌道に乗せ、各メンバーのタスクを明確化するかを考えることも多く、個人的には非常に良い経験になりました。
---

以上、Fall Semesterの感想を簡単に綴らせて頂きました。2nd Roundにアプライされる受験生の皆様は、まさにエッセイ作成等、アプリケーション・プロセスの佳境に入られていることとお察し致します。もしご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

ムハマド・ユヌス氏講演会など―DCの立地アドバンテージについて






 (写真上)聴衆と握手するユヌス氏。スタンディング・オベーションを受けるなど、大盛り上がりの講演会でした。


②     「有識者による次期大統領へのアドバイス」座談会@MSB

こちらは、MSBの内部団体であるBusiness, Society, and Public Policy Initiative主催による座談会で、経済・外交・内政それぞれの有識者が、次期大統領への政策顧問になりきってアドバイスをする、という一風変わったイベントでした。(座談会のタイトルも”My Piece of advice to the Next President of the United States is…”です。)



 登壇者は元DC市長など豪華なメンバーばかりでしたが、「政治オタク」としては、やはり元上院多数党院(民主党)内総務のジョージ・ミッチェル氏(この方はGeorgetown Law Centerの出身者でもあります)が印象的でした。ミッチェル氏はクリントン政権下で北アイルランド特使を務め、外交にも造詣が深いはずですが、今回は外交論を封印し、大統領選を前にして、「合衆国憲法の理念に立ち返ろう」「皆で力を合わせてA More Perfect Unionを目指そうではないか」と呼びかけており、かつてなく分断されてしまっているアメリカの世論に対する、ベテラン政治家の危機感を肌で感じることができました。



MSBはじめDCの教育機関等では、今回紹介したもの以外にも、毎日ように著名人・専門家による貴重な講演会が開催されています。忙しい日常から少し離れ、より大局的な目線から、ビジネス・スクールを経て「自分が成し遂げたいこと」を再確認するために、これ以上のリソースが集積されている場所は、なかなかありません。改めて、DCの立地アドバンテージを実感した両日でした。